MENUMENU

美術画廊ART GALLERY

会期2017年10月18日(水)~2017年10月23日(月) 最終日は午後5閉場

「緑の壜の風景」ガラス絵 SM 「若い歌声」銅版画 61.0×36.0cm

~命の根源を謳う~深沢幸雄 作品展

場所:6階 美術画廊

「創吉田屋絵変わり大壷」 35.5×高45.5cm 「創吉田屋吉祥文手附銚子」 22.5×11.0×高17.5cm

平成の吉田屋九谷 河島洋 作陶展

場所:6階 アートギャラリー

ごあんない

九谷焼の伝統意匠の一つである、吉田屋窯の魅力に惹かれ、伝統を踏まえつつも独自の感性と釉薬の美しさ、造形、卓越した技術で河島洋としての「吉田屋様式」を確立し、成形から上絵まで一貫制作した「創吉田屋」の作品は、鮮やかな色絵の世界を創り出しています。
本展では、壺、飾皿、香炉など新作を取り揃え展観いたします。

会期2017年10月25日(水)~2017年10月30日(月) 最終日は午後5閉場

「人形を持つ子供(君代夫人コレクション)」
1934年 鉛筆・紙 22.8×16.0cm
「猫と少女」
1955年 リトグラフ 39.0×25.0cm

‐黒い瞳のパリジャン‐藤田嗣治 素描と版画展

場所:6階 美術画廊

ごあんない

今から100年前に単身パリに赴いたフジタ。彼はその美しい線でまたたく間に世界中の人々を魅了しています。本展ではフジタの作品を、素描、版画を中心に展覧いたします。この機会に、ぜひご高覧くださいますようお願い申し上げます。

「薫風」 10号

‐内なる世界‐ 葛迫幸平展

場所:6階 アートギャラリー

ごあいさつ

この度福山天満屋におきまして個展を開催する運びとなりました。
崇高な自然や風景を主に展示しており、福山を訪れた際にスケッチをした福山城や、バラ園なども出品しております。
これまでにも白日夢に傾倒する数多くの作品を制作してまいりました。ぜひ、この機会に多くの皆様に私の作品を見て頂ければ幸いでございます。

葛迫幸平

作家来場予定日:28日(土)、29日(日)

会期2017年11月01日(水)~2017年11月06日(月) 最終日は午後5閉場

「かぼちゃのひるね」 32/120 1933年 額装 紙
スクリーンプリント 53.5×65.5cm
「街」 55/100 1989年 額装 紙
スクリーンプリント 45.5×53.0cm

‐世界の巨匠‐ 草間彌生展

場所:6階 美術画廊

ごあんない

草間彌生画伯は長野県松本市の出身、幼少期より統合失調症の病に苦しみながら、芸術家への道を志し、幾多の苦難を乗り越え、今やピカソに匹敵するともいわれる世界的な巨匠になりました。
 27歳のとき単身でアメリカに渡り、ニューヨークのアートシーンに身を挺し、後に世界的巨匠になるアンディ・ウォーホルやドナルド・ジャッドなどのアーティストと交友し、編目の作品や過激なパフォーマンスで世界の注目を集めました。しかし、その過激な表現のために日本の保守的な画壇や文壇は異端視し、その芸術に正当な評価を与えることができませんでした。
 草間芸術に最初に光を当てたのはやはりアメリカでした。89年の国際現代美術センター(ニューヨーク)での回顧展が転機になり、93年には第45回ベネチアビエンナーレ日本館で個展を開催し、日本でもようやく注目される様になりました。画伯は20年間の不遇の時代を乗り越え、世界にデビューし、日本が追随しました。
 88歳の今も絵筆を握り続ける執念はまさに芸術に命を懸けた天才の姿そのものです。
 現代草間作品は本画も版画も世界中からオファーが殺到しています。この度約50点の作品を集めることができました。
 ぜひご高覧賜りたくご案内申しあげます。

店舗情報・ご利用案内

福山・天満屋
〒720-8636
広島県福山市元町1-1
TEL:084-927-2111(代表)
通常営業時間
午前10時~午後7時
毎週土曜日は午後7時30分閉店
(8階レストラン街、
地下駐車場は夜9時まで)
※毎日休まず営業いたします
  • 6階 美術画廊のご案内
  • もだんくらぶ
  • てんまやレインボークラブ
  • コスメクラブ
  • 天満屋カード
  • 天満屋みのり会
  • 天満屋シティギャラリーご利用について
  • ドリーミーJCBカード・ちゅうぎんカードJCBの ご利用でOki Dokiポイントをご優待
  • 福山天満屋 TENMAYA Wi-Fi SPOT ご案内
  • 配送状況 お問合せサービス
  • アルバイト募集
  • Japan Tax-free Shop

ページTOP