TOP > 業界について

業界について

  • 小売業界について
  • 百貨店業界とは
  • 地方百貨店の役割と誇り
エントリーはこちら

地方百貨店の役割と誇り

百貨店は、大都市を拠点に生活・文化におけるトレンドリーダーの役割を果たしてきた都市百貨店と、地方都市を拠点に各地域に密着して顧客満足を追求してきた地方百貨店とに大別されます。
なかでも天満屋は、岡山を基点に瀬戸内圏の中核都市および小規模都市で多店舗&リージョナル展開を図ってきた典型的な地方百貨店グループです。全国の地方百貨店の中ではもっとも大きな売上規模をもち、中国地区の百貨店売上のうち35.2%のシェアを占めています。(※)
※2014年度実績

 

地方百貨店も、いま大きな転換期にあります。生活必需品はほぼ行きわたり、より生活を豊かにする「モノ」や文化的な「コト」が期待されている状況は百貨店共通の課題となっていますが、ライフスタイル全般にわたる幅広い期待に、効果の見える形で応えることは、地方都市ほど難しいのです。

 

しかし私たちは、地域のことを誰よりも熟知しています。そして、顔の見える、お名前の分かる身近で親密なお客様がいます。親子三代にわたって、「ハレの日」だけでなく「日常」の相談相手として天満屋をご愛顧くださっているお客様です。
同じ地域で生活し、互いの顔が見えるお客様に、「日々の暮らしをこころ豊かに過ごしていただくお手伝い」をすることが私たちの使命です。
お客様が求める「モノ」をつかみ、手配し、提供する。お客様の暮らしに活力を与える「コト」を継続する。魅力ある地域を創るための「モノ」「コト」を、地域の人とともに考え実践する。お客様との距離が近いからこそ、反応や反響は非常にダイレクトで、私たちも大きなやりがいを感じながら仕事に取り組むことができます。
そして何より、その結果いただく「ありがとう」こそが、私たちの誇りなのです。