美術画廊ART GALLERY

Profile

三代 小川長楽Tyouraku Ogawa

略歴
1947 二代長樂の長男として小川幸雄京都に生まれる
1966 京都府立鴨沂高等学校卒業後二代長楽の下で作陶に入る
1969 京都市陶磁器試験場にて釉薬・焼成法等の研究をする
  裕起夫銘にて創作活動を始める
1974 フランス「バロリス国際陶芸展」に招待出品する
1977 京都陶磁器青年会会長を1982年まで務める
1978 長男 小川裕嗣京都で生まれる
1983 京都伝統産業青年会会長として20周年記念事業「伝統産業祭」を開催する
  全国伝統産業青年連絡協議会代表を1985年まで務める
1984 第一回伝統的工芸品月間国民会議において通商産業大臣奨励賞を受賞する
1992 二代長楽の一周忌にあたる十月十日に醍醐寺座主
  麻生文雄猊下より「松風軒」の号を賜り、三代長樂を襲名する
  栄西書 国宝・誓願寺盂蘭盆縁起より「樂」を、
  菅原道真(元土師氏)の末裔権大納言東坊城和長書状(大宝院臧)より「長」の字を賜り主判とする
1993 伊勢神宮に裕起夫銘最後の作品を献納する
  皇太子殿下徳仁親王、小和田雅子嬢の御成婚を奉祝して、総本山醍醐寺より依頼を受け三代長楽の初作「赤・白一双茶盌」を献上する
  ジュネーブ市立アリアナ美術館(国際陶芸アカデミー本部)にて、リニューアル・オープン記念講演をする
  ベルン州立美術学校にて特別講義をする
1995 仁和寺門跡吉田裕信猊下より「樂焼長樂窯・御茶わんや」の暖簾の染筆を賜る
1997 京都山科新工房の完成と画廊オープンを記念して「小川長樂歴代展」を開催する
1998 秀吉醍醐の花見四百年記念三千家献茶式の献茶道具の意匠ならびに黒赤天目茶盌を制作する
  需要文化財・三寶院にて「醍醐の宴 小川長樂展」を開催して戴き「重文・醍醐花見短籍」「利休・織部・遠州・光悦・宗和消息」「茶能十二月」 の見立茶盌を制作し「小川長樂作品集」を出版する
2002 建仁寺開創八百年記念慶讃献茶式の黒赤天目茶盌を制作する
  三代襲名十年を祝って建仁寺派第九代管長小堀泰厳老師より「玄匋菴」の号を賜る
  小川裕嗣 京都市産業技術研究所工業技術センター陶磁器コース本科終了
2003 「小倉百人一首十二月見立茶盌」を制作する
  小川裕嗣 名古屋造形芸術大学美術科Ⅰ類彫刻コース卒業
2004 小川裕嗣 京都府陶工高等技術専門校成形科を卒業後三代長樂の下で作陶に入る
2006 『開窯百周年記念 小川長樂作品集』を出版し記念展を開催する
  高台寺三十六歌仙の歌(八條宮智仁親王書)見立作品を制作する
2010 伊賀の地に新工房(玄匋菴)及び茶室(景雲亭・松風軒)を建築する
  松尾芭蕉・野ざらし紀行の俳句より見立て作品を制作する
2016 松尾芭蕉・おくのほそ道見立作品を制作する  『三代・小川長樂 作品集』を出版し古稀記念
  小川長樂作品展並びに父子展を「同行ふたり おくのほそ道を辿って」と題し平成三十年までに各地にて開催する

一覧へ戻る



店舗情報・ご利用案内

岡山・天満屋
〒700-0822
岡山市北区表町2丁目1番1号
TEL:(086)231-7111(代表)
通常営業時間
午前10時~午後7時30分

※ご案内
2月20日(火)は設備点検の為、店休日とさせていただきます。

サービスのご案内

  • 5階 美術画廊のご案内
  • ギフトサロンのご案内
  • 天満屋カード
  • 天満屋みのり会
  • 天満屋地下タウン アートスペース ご利用について
  • 電子マネーがご利用いただけます
  • ドリーミーJCBカード・ちゅうぎんカードJCBの ご利用でOki Dokiポイントをご優待
  • 配送状況 お問合せサービス
  • アルバイト募集
  • 岡山天満屋 新入契約社員募集
  • Japan Tax-free Shop


ページTOP